アクセスカウンタ

<<  2010年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ジャズって何それ?おいしいの?

2010/05/30 11:47
みなさん、おはこんばんにちは。

kashiamochiです。

最近政治テーマが続いていて、このブログのもう一つ趣旨である音楽がおざなりになりそうなのでちょっと更新。

まぁティーブレイク程度に読んでいただけたら幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャズってどんなことをしているのか?

これって意外とクラシックをやってる人、ロックバンドをやっている人などには分かりづらい一面があると思う。

譜面があるようでないようなものだからだ。


例えば、ジャズのスタンダードナンバー(平たく言えば昔から演奏されていた曲)にOver the Rainbowがある。

ようは「オズの魔法使い」で聞けるあの曲です。

これをジャズのセッションでやると、たぶんジャズの仕組みを分かっていない人が聞けば、最初みんなが知っているあのメロディをやっていたと思ったら、途中から管楽器やらピアノが知らない旋律を奏で始め、最後にまたあのメロディに戻っていく・・・・・・。

たぶんこんな感想を抱くに違いない。

というか私の最初の感想が↑だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまりジャズセッションというのは大まかに考えるのであれば次のようになる。

1:16小節なり32小節なりの長さの曲がある

2:サックス・トランペットなどの管楽器をフロントマンとしてその曲のメロディ=テーマを演奏してもらう(この役割はピアノがやったり、ギター、時にはベースがやる場合も存在する)

3:譜面に書いてあるメロディが演奏し終わったら、管楽器→ギター(→)ピアノ→ベースと16・32小節をワンコーラス=一回しとしてアドリブ、即興演奏をしていく。(何回しするかは各奏者の気分次第)

4:ベースのソロが終わったら4小節アドリブしたら同じく4小節ドラムがアドリブするという4バースというのをやっていく(上記のアドリブ回しの間にドラムが入っていくようなもの。ここではベースソロはない。また、ジャズの曲で4の倍数の小節の曲が多いのはこの4バースをやりやすくするためなのである)

5:フロントが頭に手を置く動作をするとテーマに戻るという合図なので、他の演奏陣はそれをみて、反応する。
(目配せの場合もある)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまりジャズにおいてテーマとはそこまで重要なものではないということが分かるだろうか?

アドリブで成り立つ音楽なので平たく言ってしまえば

演奏家のオナニー

「どうだスゴイだろ(キリッ)」


っていうことに尽きてしまうので、楽器演奏をしない人だとあまりすごさは分からないかもしれない。


いや、だってトランペッターが一息ですごーく長い時間超早いフレーズを吹いても見ている演奏家たちは

「やるじゃん、アイツ」

とニヤッとしてしまうのだが、

全くジャズを分からない人には、いきなり何やっとんねん?な感じになってしまうだろう。


ジャズを楽しむにはジャズを知らなくてはならない、となる。

ちょっと閉鎖的な文化なのかもしれない。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今の民意はどっち向き?

2010/05/25 21:33
みなさん、おはこんばんにちは。

kashiamochiです。

ついに種牛49頭の殺処分が決定してしまいました・・・・・・。
MSN:【口蹄疫】種牛49頭殺処分、例外認めず えびの市で調査開始
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100524/biz1005242143021-n1.htm

よく「和牛終わった」「日本の畜産壊滅」と聞きますが、厳密にいえば

和牛というブランド力のオシマイ

と言った方がいいでしょう。

このまま残りの5頭の種牛まで殺処分となり、この一件が収束したとしても、他の地域での畜産がまたたく間にパタリと終了するわけではないと思います。

しかし、宮崎で飼育されている種牛というのは、松坂牛などの超高級ブランドの種でもあります。

私の地元・群馬県にも赤城牛という地元ブランドの牛がいますが、

松坂牛>>>>>越えられない壁>>>>>>赤城牛

というように全国区に知られているブランドと地元消費のマイナーブランドでは、世間の評価・味などで価値が全く違うのです。

つまり

全国区の有名ブランド牛の弱体化というのは日本の和牛イメージそのものの低下

と言っていいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、現在の民主党・国民新党・社民党による連立政権を国民はどんな目線で見ているのでしょうか?

普天間基地問題や子供手当、宮崎口蹄疫の事ですでにこの政権の政権担当能力の危うさが浮き彫りになってきたと思います。

というより、はっきり言えば

この政権が目指していることは何一つ日本に明るい未来をもたらすことはない

ということが、去年の衆院選で民主党に投じた人たちでも分かってきた、


そう私は思っていたのですが・・・・・・・。↓

まるこ姫の独り言
http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2010/05/post-2bc2.html


この人のブログを読んでいただければわかるかと思いますが、現民主党政権支持派の人です。

マスコミは嘘八百言ってばっかりだ、国民は自ら情報を選んでいけ!

等の思想ではネトウヨの人たちと意見を同じとしていますが、現政権支持のブロガーとお見受けしました。



正直な話、私はネットで政治について語る人間の大半がネトウヨだと思っていました。(いや、まぁネットの右翼って言うぐらいだし・・・・)

ネットで一人孤独に愛国主義思想をぶちまけている人間と、現実の世界で現政権を支持する情報格差の人たちという構図がなぜか出来ていたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本音を言ってしまえば、私はこのままの政権が続くのがいいのか、自民党政権に戻るのがいいのか判断がつかないところがあります。

あくまでも私は子供手当の国内資産の海外へのバラマキ、普天間基地問題での国家安全保障問題、宮崎口蹄疫における畜産の危機に対して現在の政府の動きがどうにも信用ならないという点で、民主党からの政権奪回、及び愛国者政党による政治を期待して、このようにブログで政治の話題を扱う時はネトウヨとなっています。

上記のブロガーさんの意見もわかります。

マスゴミの現政権叩きを冷ややかに見てしまうのは、ここ数年の一年間交代の自民党政権に対する報道を見てきたせいでしょうし、野党自民党の現政権への批難も、野党時代の民主党他の政党のアホくさい批難を見てきたら説得力ないでしょうね。

ある意味今の現政権批判が心に響いてこないのは自民党政権時代の負の遺産なのかもしれません。

自民党ざまぁwwwwww

ん?でもよくよく考えてみれば・・・・・・・・・・・・・・


それだってマスゴミによる洗脳じゃん


マスゴミの罪ってでかいわ・・・・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


口蹄疫問題の率直な意見って・・・?

2010/05/24 19:06
おはこんばんにちは、kashiamochiです。


前々回の小沢vs検察の話をみなさんはどう思われたのだろうか?

俗にネトウヨと呼ばれている人たちにとっては寝耳に水だったのではないだろうか。

まぁ、検察の中で「小沢憎し」と意気込んでいた連中がいざ調べてみても、決定的証拠を見つけられずにいて、検察上層部の中では強制起訴に伴う証拠資料の提出にガクブルに違いないでしょう。

ちなみにやばい証拠を処分するという考えもあるでしょうが、物理的にやれる範囲が限られていますし、何より処分したことがバレれば、検察への不信感・批難は確実で、ますます検察に不利な状況となるでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今現在日本の畜産を壊滅させかねない人災赤松宮崎の口蹄疫について。

もうすでに発生から一カ月が経ちましたが、一向に収まる気配を見せていません。
この災害で様々な問題が出ています。

○県の初動の遅れ

○国の初動の遅れ

○マスコミの報道の遅れ

宮崎県の対応が遅かったのではないか?

この声をよく聞きますが、これは今の段階で言える話ではないかと。

読売新聞(YOMIURI ONLINE)「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100518-OYT1T00016.htm

人間のインフルエンザだって初期症状は風邪とほとんど変わらないので誤診もでますよね?
だからこそ簡易検査キットの開発をして、診断を早くしようとしたのです。

でも、口蹄疫ってそんなに流行るもんじゃないんです(というよりこれがインフルエンザと同レベルの発生サイクルだったら人間は畜産を営めない)。

初期診断では対応は難しいのです。

むしろ今でも宮崎県内で発生をなんとか抑えていることの方がスゴイ。

マスコミがGW前に報道をしなかったせいで宮崎には相当数の観光客が全国からきて、全国へ散らばったはずです。

それでも徹底した消毒により今だ他の都道府県からの発生はないのでしょう(まぁまたマスコミが隠している気もしますが・・・)

何より一番の問題は政府与党、というか

赤松農水大臣の危機管理能力

につきます。

この辺はもうググればググるほど対応の後手後手感、危機管理能力の欠如が出てきます。

国民が知らない反日の実態:口蹄疫問題の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1196.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一つの疑問があります。

もしこの口蹄疫問題を拡大させることが誰かの陰謀であれば、どんなメリットがあるのでしょうか?

ここから先は私の推測だらけです。

このままの勢いで全国に広がってしまい、日本の畜産が壊滅すると日本は食肉を輸入に頼らざるを得なくなります。今でもアメリカやオーストラリアからの輸入は多いのですが、さらに輸入量を増やさなくてはならなくなるでしょう。

底に真っ先に手を上げるであろう国は?

中国です。

中国も畜産の生産数は世界屈指ですので、日本に輸出する分ぐらいあるでしょう(ただ私は中国産の肉をスーパーで見かけたことがありません)。

日本のお金がどんどん中国に流れていきます。

さらに、被害を受けてしまった農家の方々に対する賠償金があります。

もしかして民主党政権は子供手当や高校の無償化によるアホなバラマキが世間の批判の目にさらされていることでこれ以上の無計画な政治によるバラマキでは国民の理解を得られないと考えて、我々が巨額の賠償金ならバラマキとは批判されまいとして、対応を怠っていたのではないか?

こんな考えが浮かんできます。

被害にあわれた畜産家の方々をだしに使うとするならば、本気で民主党には

人間の皮をかぶった屑ども

しかいない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マスコミの報道の遅さですが、まあ日本のマスコミはすでに

マスゴミ

ですので予想できた範囲ではないかと。

そういえば今日の大学の授業で同じクラスの一人が

「(口蹄疫は)人間に感染しないのになんで殺処分をしなければならないのか?」

と語っていた男子学生がいました。


・・・・・・・・・・・・・・お前情報自分で調べてんのか?


でもまぁ、わからなくはない。

最近になってようやく始まったマスコミの報道で強調されているのは
「人間に感染はしないので安心しろ」

とのこと。

まれに感染するらしいですよ?(とはいえ埋葬作業に従事する人とか畜産家の方々のような家畜と零距離で接する人たちでしょうね)

もしかして彼は鳥越俊太郎の番組を見ていたのであろうか・・・・。
痛いニュース:鳥越俊太郎「人に感染せず、食べても大丈夫。ならば、なぜ殺処分などそこまで厳重にするのか」…スパモニで発言
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1477644.html


こういうのを風評被害って言うんじゃない?
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


ジャズギターとは何ぞや?(その4:最終回)

2010/05/23 13:32
さてさて、またしても間が空いてしまった。

さぼり癖がある私なので、こういうことはしばしばある。

そういうのを気にとめない人じゃないと、このブログを読んでくれないよなぁ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、これまでのジャズギター話、皆さんはどんな感想を抱いただろうか?


今までの私の話を総合していけば、

「ジャズギターってのは普段耳にするエレキギターとは180度違う音を出していて、なおかつ保守的なジャンル」というようなことを私は何度も言ってきたと思う。

人によってはこういうのを古典芸能みたいなもんだと思うかもしれないし、閉鎖的だと思うかもしれない。


それはそれでいい。

実際そんなもんだと思う。

いくら私のようなロック的音作り・アプローチのジャズギタリストがこれから数多く出てきたとしても、それは根付くこはない。

ジム・ホールやジョー・パスといったモダンジャズギターの名手たちに最終的にはリスナーやアマチュアは行ってしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回でジャズギター話はひとまず終了することにしたい。

そのため、私が思うこれからのジャズギターの世界を語りたい。

以前、サークルの活動に他の大学からギターの人がやってきて、ウチのギターの先輩と話しているときにこんな興味深い話をしていた。

「今ライブハウスとかで盛り上がるのはモダンなことをやっている人で、コンテポラリーなことはあまり受けない」

「やっぱりコンテンポラリーは一時のブーム扱いなんかねェ・・・」

要はジャズもたどる道は我々ロックギタリストと変わらないんだなってこと。


実は私はあまり現在のロックシーンを知らない。

何が売れているのか、新人はどれだけ出てきているのかなど、一切興味がわいていない。

今でも好きな音楽というのはジェフ・ベックであったり、エリック・ジョンソンであったり、SRVだったりするのだ。

この人たちの音楽ってもう劇的に変化することはないのだ(一人故人だし・・・)

て事は、この人たちのライヴを見れて、手元を見て、スゲーと言えればもう満足なのだ。


これはプロのミュージシャンにも言えることなんじゃないかなあ。

もちろん新しい人を探す努力は怠っていないし、どんどん時代をとりいれられなければ置いていかれる世界だから音楽に取り組む姿勢はアマチュアでは到底真似できない。

でも、その人たちが落ち着ける音楽って、やっぱり昔聞いていたものなんだと思う。

クラプトンだったりツェッペリンだったり。


で、アマチュアリスナーにそんな修行僧のごとく新しい音楽に触れる努力をする人間がどれだけいるのか?


つまりコンテンポラリーが受けずに、モダンなバップスタイルが受けるのはそういうことなんじゃないのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これからのジャズギターがどこへ向かうか、そんな漠然とした思いがあるわけなのだが、要は

「たぶんこれからも私のように馬鹿をやろうとするやつが出てきては、それ咎めるやつが出ていくを繰り返していく」
ってことなんじゃなかろうか。


・・・・・・ジャズギターが劇的に変わることはないじゃん。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もう破滅の道は開かれている

2010/05/23 13:13
みなさん、おはこんばんにちは。

kashiamochiです。

すごーく間が空いてしまったのは、このブログに対する取り組みをどうしていこうかなぁと考えていて、ついつい更新ができませんでした。


今更ながらかとは思いますが、今回の記事がより多くの人の目に留まってもらえるようにと、作成したわけであります。


小沢氏再び不起訴(読売新聞ーYOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/iwate/news/20100522-OYT8T00160.htm

ネット上では「小沢を逮捕しろ」「検察しっかりやれ」等の声が多数上がっています。

しかしそこで一つの不安があります。

今回検察審査会の起訴相当の判断が出て、検察は再び捜査をしたわけではありますが、それでも嫌疑不十分で不起訴としたわけです。

つまりは検察側には「小沢を裁判において圧倒的不利な状況に持ち込むための証拠」がないという風に捉えられるのではないのでしょうか?


ということは・・・・・・・・?

検察は裁判になっても小沢を豚箱にぶち込むことは現状の証拠ではできないということです。


おそらく次の検察審査会でも起訴相当の判断が出るでしょう。

こうなると強制起訴になります。

小沢はついにお縄頂戴?

いいえ


検察の終了ということになるでしょう。

 

強制起訴になると、裁判において検察役を務めるのは裁判所から任命された弁護士が行います。


別にいいじゃん、国家権力の入らないクリーンな裁判ができるじゃん?


とんでもない


検察はその検察役の弁護士に全証拠を渡さなければならないのです。


はっきり言いますと、検察には絶対お天道様の前を堂々と歩くことができないような捜査活動が出来る力を持っています。

おそらく今回の捜査でも電話の傍受やら、愛人の存在、企業との癒着などの直接的には関係ないであろうことも徹底的に調べ上げているはずです。

それを弁護士という個人に渡すということは・・・・・?


検察の捜査活動モロばれ\(^o^)/オワタ



さらに、現在の日弁連は上層部が変わりました。

今のトップにいる人物は海渡雄一という左翼との関わりが噂される、社民党党首・福島瑞穂の夫です。


裁判所が弁護士を探す際には日弁連に「だれかいい人いませんか?」と尋ねること必至。

妻が連立を組んでいる党の幹事長の疑惑追及とのことで事務総長・海渡が自ら名乗りを上げるorもしくは海渡の配下にいるような左翼系の弁護士が担当になる確率は高いでしょう。

そんな左翼(ここでは人権擁護の名のもとに国家解体を狙う存在と定義)弁護士に、人権侵害も巨悪の為には行わざるを得ない諜報機関の捜査資料が手元に行けば・・・・・・

●捜査の可視化!

●検察の力を弱める立法の提案!

となり

警察・検察の弱体化→犯罪の増加→日本の治安悪化

という見事な国家解体3コンボの発動。

そして悠々と小沢は政治生命を断たれることもなく、日本侵略に邁進する・・・・・・。


つまり現在の検察VS小沢の構図は、起訴になろうとなかろうと小沢の一人勝ちになるのです。



じゃあ我々にできることはなんなのか?

正直なところほとんど打つ手は残っていないのです。

かろうじて考えられるのは・・・・・・


○汚沢の中国共産党とのつながりを検察が調べ上げ、刑法81条の外患誘致罪で死刑にする。

○右の方に頑張ってもらって、汚沢をピチューンする

○愛国者による超政党を作り、自衛隊と共に・・・・

○もういっそのこと俺が・・・・

でしょうか?


一番上は検察にかかっていますし、三番目は平和ボケ・日教組によるゆとり教育を受けた我々にとっては難しいでしょう。

一番実効性のある自爆は相手が表に出てこなければできませんしね。


一番有効なのは「いかに小沢一郎という人物が危険なのか」ということを周知徹底することだと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


<<  2010年5月のブログ記事  >> 

トップへ

聖者たちの宴〜趣味に生きる高等遊民の日々〜 2010年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる